電話をかける(無料)
0120-144-246 / 24時間365日受付中!!
メールで相談

~処分困難も含まれる海外へ輸出される中古生活雑貨について~

2021/03/20



皆さんまだ使えるのに、使わないから捨ててしまっている物、壊れてしまいもう使用できないから処分している
物。
色々あると思います。
最近ではリサイクルに心がけていらっしゃる方も多いと思います。
因みに、皆さまはリサイクルとリユースの違いってご存知ですか?
実は私はなんとなく同じと思っていました。お恥ずかしい(笑)
まずリサイクルについてですが、こちらは物の状態、形状を変えて再度、利用する事です。
例えば、段ボールから再生紙を作ったり、ペットボトルから何と、フリースを作ったり、機械類の元の素材であ
る鉄やアルミを一度溶かしてから新たな製品を作ったりする。これがリサイクルと言います。
次にリユースについてですが、こちらはそのままの物、形状で再度使用する事です。
なので、最近はやりのフリマサイトやオークションで中古雑貨や古着を売ったり、買ったりする事はリユースに
なるという事ですね!!
おっと!そういう意味でしたら、街のあちこちで見られるリサイクルショップは正確に言うと、リユースショッ
プというべきになるのですかね??(笑)
まぁそういうのはさておき、リサイクルもリユースもどちらにしても物を大切にゴミを出来るだけ出さないとい
う共通ポイントにはなっていますね。
因みに余談ですが、この2つに加え、リデュースという言葉もあります。
こちらは簡単に言うと、無駄な物を買わない、ゴミを出さないようにする、買った物は長く使う。という事で、
日常で普段皆さんがやっている事もリデュースですが、例えば、シャンプーや洗剤など詰め替えが出来る物を購
入していたり、今はどこのお店も有料化されているので当たり前になってはいますが、マイバックを持っていっ
たり、ゴミになる物を買わないなど身近でやっている事もリデュース活動の 1 つになっているのですよね。
ここから本題にはいっていきますが、皆さんの不用品がとても役に立っています。
まず 1 つ。粗大ゴミとして出している、使っていない、余っている布団。不用な布団、毛布、座布団を再利用し
海外途上国へ物資支援しています。基本的には海外に運ぶ際の割れ物や家具等の緩衝材として、輸出コンテナ内
で役にたっています。
こちらは未使用でなくても構いません。
私達がいらないからとすぐに捨ててしまう物、日本ではゴミとして扱われてしまう物でも、世界には必要とする
人たちが沢山います。
主に、支援物資として海外発展途上国に送られている物は、衣服、下着、食器類、雑貨、ぬいぐるみ、ペット用品、生理用品、ベビー用品、玩具、文具、人形、三輪車、ランドセル、チャイルドシート、車いす、紙おむつ、
など。
日本から海外に輸出されている物で、一番に思いつく物、例えば自動車は皆さんもご存じかとは思います。
その他にも多いのは、事務用機器や映像機器、自動車の部分品や原動機、通信機など、輸出と言えばこのような
機械などが挙げられますが、私達が日常手にしている物もリサイクルとして海外に輸出されるんですよね。
地域でリサイクル品として回収してくれる物は良いのですが、中にはリサイクルとして引き取ってもくれない物
や国内販売が、困難な日用品などは、海外に輸出するなどもしています。
そういった国内では回収してくれない処分困難なものや、リサイクルとして活用してもらえない物など、これら
も国内施設や海外に寄付する事でとても喜んでくれて大切に使ってくれます。
寄付対象の生活日用品をもう少し細かく見ていくと、こんなものがあります。
例えば、おもちゃですと、車、汽車、ミニカー、プラモデル、鉄道模型、キャラクターグッズ、フィギュア、カ
ードゲーム、知育玩具、ガチャガチャ、楽器玩、外遊び玩具、ブロック、ロボット、パズル、手品、パーティグ
ッズ、占いゲーム、クラフト用品、手品用品、レトロ玩具など。
ぬいぐるみですと、ディズニー、サンリオなどアニメキャラクターや、ゲームキャラクター、ゆるキャラ、UFO
キャッチャーの景品など。
ギフト、贈答品ですと、ハンカチ、タオル、シーツ、文房具、時計、お皿、カップ、置物など。
ベビー用品ですと、ベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐、ベビーカーアクセサリー、クーハン、ベビース
ウィング、スリング、ベビーキャリア、哺乳瓶、ドリンクボトル、ベビーカトラリー、ベビーセーフティグッズ、
ジム、メリー、布絵本、ガラガラ、ロンパース、歯固め、トレーニングパンツ、ベビーバス、ドレスオール、体
重計、アフガン、おくるみ、ボディースーツ、歩行器、ソフトスタイ、バウンサーなど。
日用品ですと、調理器具、カーペット、ギター、お風呂用品、ガスコンロ、ゴルフ、ブラインド、ホワイトボー
ド、水槽、額縁、置物など。
食器、調理器具ですと、包丁、お皿、ガラス食器、グラス、カトラリー、コーヒーセット、タンブラー、ティー
セット、陶器類、マグカップ、ココット、やかん、フライパン、ボウル、茶碗、ナイフ、フォーク、スプーン、
鍋など。
服飾雑貨ですと、ベルト、衣類(夏服)、スカーフ、帽子、サスペンダー、ネクタイ、ストール、ハンカチ、皮手
袋、カフスボタン、ネクタイピン、サングラスなど。
家具、家電ですと、婚礼タンス、チェストなど。家電製品はリサイクル家電、生活家電、デジタル家電、キッチ
ン家電など。
この様に少し細かく見ていくだけで、普段私たちが少し汚れたからとか、使い捨てぐらいの気持ちで使って、捨
てている物がこんなにも役に立つ物が沢山あるんですね。改めてリサイクル、リユースが出来るという事を認識
させられました。特に日用雑貨は普段何も考えずに、当たり前のように捨ててしまっていた方も多いかもしれませんが、これを機
に少し見直してみるのも良いかもしれませんね。
あなたの要らない物も、誰かが必要としているかもしれません。
そして、リサイクルやリユースだけではなく、このように寄付したりすることで世界では沢山の命を救うワクチ
ンの手助けにもなりますね。
因みにただ世界中に物資を輸出している訳ではありません。輸出国によって需要が違ってきます。
例えば、タイの場合人気な商品は、調理器具やスプーン、フォークや食器類に、タオルやおもちゃ、ぬいぐるみ、
フィギュアなんてのも。そして、古着は特に子供服が喜ばれるそう。また工具品や釣り具、金庫など。
フィリピンでは、食器棚やタンス、ドレッサー、調理器具に食器は洋食器が。そして、折り畳みベッドや自転車、
電子ピアノ、スピーカーなど。
ミャンマーでは、贈答品のタオルや食器セット、文房具に工具。子供服、釣り具やアウトドア用品、ゴルフセッ
ト、折り畳みベッド、金庫など。
カンボジアでは、食器棚、タンスなどの家具、洗濯機、冷蔵庫、テレビ、扇風機などの電化製品。工具、食器、
フォーク、スプーン等、調理器具。アウトドア用品など。
こう見ると需要物資も結構似たり寄ったりですが、どちらの国も日本の製品はとても重宝されているようです。
それに考えてみたら、私たちはあまり物を劣化するまで使い続けていないのでは?と思います。
まだまだ使えるのに、すぐ新しくしたり、少し汚れたからと買い替えたり。
私達が簡単に捨てようとしているものによって、沢山の人の生活に役立っているんだなと考えると、とても嬉し
く、なんだか少し感動します。
というのは、私個人の感情なのですが。。。。
フォアールプラスではこのように、日本では粗大ごみとなってしまうもの、そして生活日用品などを発展途上国
に輸出しています。
是非皆様もゴミにする前に一旦手を止めてリサイクルに回していきましょう

電話番号 メールでのご相談はこちら
電話番号をタップすると電話がかけられます
実績一覧へ戻る

\評価  4.82!/
※ 2020年3月現在

くらしのマーケットバナー くらしのマーケットバナー
ページのトップへ戻る