不用品回収実績

「引越しシーズン、引越しと引っ越しに伴う片付けで得する情報。賢く引っ越しをするなら」

入学や卒業、就職や転職など「新生活」がスタートする時期になってきましたね。
このような引っ越しシーズンは、引越し業者も繁忙期となるのでなかなかスケジュールの都合が合わず引っ越しがスムーズにいかないという事も起こりがち…。引っ越しを出来る限りスムーズに進めるためには引っ越し日を決めて、引っ越し業者と予定を組むだけではありません。
特に大切なのが引っ越しまでに荷物をまとめて荷造りをし、家の片付けをするということ。
「引っ越し当日に間に合わない!」「ゴミが片付いていない」ということが起こってしまわないようにするためにも、今回は引っ越しに伴う片付けで得をする情報や賢く引っ越しをする情報についてご紹介したいと思います。

引っ越しシーズンって?値段は高いの?

新しい生活の始まる春の引っ越しシーズンがやって来ました。
引っ越しをするきっかけは
  • ・入学
  • ・卒業
  • ・就職
  • ・転職
など様々ですが、おおよそ3〜4月が引っ越しシーズンとなっています。

引っ越しシーズンだと引っ越し業者も繁忙期ということもあり、費用は高め。
引っ越しシーズンは引っ越しを希望する依頼が殺到するので料金も高めになっており、会社によっては通常の3倍程度の費用が必要になることもあります。
また日程の調整もつきにくいので前もって考えながら、計画的に引っ越しを進めなくてはいけません。

ここでは引っ越しのハイシーズンとオフシーズンのそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

引っ越しのハイシーズン

引っ越しのハイシーズンとなる3〜4月は値段が高いものの、人の動きが多い時期なのでより空き物件も多く、自分の住みたい地域や希望をしている間取りなどが見つかることもあります。
このようなことを踏まえれば家賃よりも物件や間取りを優先したい場合はハイシーズンに引っ越しをすることがオススメでしょう。

【メリット】
  • ・多くの物件が出回っている
  • ・好立地の条件に空き室がある場合も

【デメリット】
  • ・引っ越し費用が高くなる
  • ・引っ越しの日程調整がつきにくい

引っ越しのオフシーズン

比較的人の移動も少なくなる6月〜9月、11月〜1月頃。
この時期は引っ越しが少なくなるオフシーズンなので比較的費用を抑えて引っ越しをすることができます。
また、不動産会社や管理人も繁忙期ではないので比較的交渉がしやすい時期でもあるでしょう。

一方で新築物件は引っ越しハイシーズンに掲載されやすく、オフシーズンは入居が決まって落ち着いてきた時期です。
そのようなときは物件数が少なく、希望をするところがなかなか見つかりにくいというデメリットがあります。

【メリット】
  • ・引っ越し費用を抑えられる
  • ・引っ越しの日程調整がしやすい
  • ・家賃の交渉がしやすい
  • ・物件探しにゆとりがある

【デメリット】
  • ・物件が少ない

上記のように引っ越しはシーズンによって費用が異なります。
また細かく言えば時期や曜日、時間帯によっても多少の変化があるのでよく確認しておくと良いでしょう。

平日だと割引があるなど引っ越し業者によってもそれぞれ割引プランも異なりますので、そのあたりも考えながら予定を組んでいきましょう。
ですから結論としては
  • ・物件数が少なくても、費用重視で安く引っ越しをしたければオフシーズン
  • ・費用が高くても、物件やエリア重視で希望の場所に引っ越しをしたければハイシーズン
と考えると良いでしょう。

引っ越しに前後にやっておくべきことは?

引っ越しをすると決まれば「どのように準備を進めれば良いのか」ということを悩んでしまいがちですよね。
まずはガムテープやダンボールを準備して片付けを…と荷造りなどをしているとつい忘れてしまいがちですが、住所の移動や印鑑証明の移動などの細かい手続きもたくさんあります。
片付けについては後ほどご紹介するとして、ここではまず引っ越しまでにやっておきたい役所手続きについて簡単にまとめます。

【引っ越し前にやっておくべきこと】

現在の住居の管理会社に退去の連絡する
現在住んでいる住居の管理会社に退去の連絡をします。
賃貸住宅の場合は家賃の関係もありますので早めに連絡をしておくべきでしょう。
また、駐車場の契約をしている場合も連絡をしておきましょう。

引越し業者や引っ越し日を決めておく
引っ越し業者はいくつもありますので、引っ越し日や時間帯も考えながら自分たちに合った引っ越し会社を決めておきましょう。

トラックや人手を確保する
自分で引っ越しをする場合は、荷物を運べるような大きな車と人手を集めておかなくてはいけません。
またレンタカーをする場合は、前もって予約をしておきましょう。

ガムテープやダンボールを準備する
荷造りに必要なダンボールやガムテープを準備します。
ダンボールはスーパーにも置いてありますが、引っ越し会社に依頼することで用意をしてもらえる場合もあります。

不用品をまとめておく
引っ越しをするまでに荷造りをしなくてはいけません。
それと同時に引っ越し先には持っていかない不用品やゴミをまとめて処分をすることも大切。
引っ越し当日まで残ったままで慌てることがないようにしなくてはいけません。

まとめ終わった不用品はフリマアプリなどで売るのも良いですが、引っ越しまでにすべてのものを片付けるためにも不用品回収業者を利用するのがオススメ。
不用品回収業者によっては、不用品を買い取ってくれる場合もあります。

粗大ゴミをまとめる
市では収集をすることができないような粗大ゴミは早めにまとめておくことが大切。
こちらも自治体に有料で自己搬入をするか、不用品回収業者にまとめて持っていってもらうなどの方法で処分をしましょう。
不用品回収業者であれば、運搬なども業者がしてくれるのでオススメですよ。

固定電話の移転を準備する
移転を手配し、手続きを済ませておきましょう。
また、インターネットの移転も手続きをしておきましょう。

新聞社の解約などの手続き
現在新聞を取っている場合は、解約の手続きをしましょう。
また引っ越し後も購読をするのであれば、住所変更の手続きをします。

収入証明書の手続き
引っ越し先で保育園や結婚などで扶養家族になるときに必要になります。

【引っ越し後に直前にやっておくべきこと】

ガス会社へ連絡
契約をしているガス会社に連絡をし、立ち会いでの手続きを行います。

電力会社へ連絡契約をしている電力会社へ連絡をし、移転手続きを行います。

水道局へ連絡契約をしている水道局へ連絡をし、移転手続きをします。

郵便局へ転送の手続きをしておく
現住所に荷物や手紙が届いた場合などに新住所へ転送されるようにするために郵便局で転出の手続きをします。

携帯電話へ移転の手続き
契約をしている携帯電話会社へ連絡をし、住所変更の手続きをします。

銀行の住所変更
銀行で住所変更の手続きをします。

火災保険の住所変更
保険会社へ連絡をし、住所変更をします。

地震保険の住所変更
保険会社へ連絡をし、住所変更をします。

転居届を提出する
今住んでいる役所で手続きをします。

住民税の変更
転出・転入届けを提出し、住民税の変更手続きをします。

転校届けを提出する
就学している子供がいる場合は、在学中の学校に転出証明書を準備して提出します。

印鑑登録の廃止
印鑑登録証を準備し、現住所(引っ越し前)の役所で手続きをします。

【引っ越し前日にやっておくべきこと】

掃除を済ませる
ゴミを全て処分し、掃除を済ませておく。

冷蔵庫の中身を処分しておく
冷蔵庫のコンセントを抜くので、中身をクーラーボックスへ移します。

引っ越し当日に持っていく手荷物を準備する
引っ越し当日に新しい家に持っていく貴重品をとめておきましょう。

【引っ越し当日にやること】

荷物の運び忘れがないか確認
引っ越し会社に荷物を運んでもらったあとに、運び忘れがないかを確認します。
自転車なども忘れていないかよく見ておきましょう。

現住所の退去手続き
管理会社の立ち会いで、明け渡しをします。
スペアキーなどの返却も忘れないようにしましょう。

新しい家の荷物確認
新居で荷物が全て揃っているか確認します。

精算
引っ越し料金の精算をします。

現金やクレジットカードを用意しておきましょう。

ガス・水道・電気の開通
ガス・水道・電気の開通をします。
ガスの開栓には立ち会いが必要なので時間配分を考えておきましょう。

【引っ越し後にやること】

ダンボールの処分
利用した引っ越し会社にダンボールの引き取りができる場合は依頼する。

転居届・転入届を出す
転入の手続きを役所で行う。
転入届は14日以内に転入届をしなくてはいけませんので忘れないようにしましょう。

転入学届を提出する。
役所または学校で転入学願いを提出する。

マイナンバーの変更
マイナンバーカードまたは通知カードの準備をし、住所変更を行う。

印鑑登録などの住所変更
登録する印鑑を役所で手続き

児童手当の変更
児童手当の住所変更を役所で手続き。
また、妊娠中の場合は母子手帳の変更もしましょう。

運転免許証の住所変更
運転免許証や印鑑、住民票を準備して管轄になる警察署で住所変更を行います。

引っ越しの荷造りと片づけの進め方

引っ越しの準備で一番大切なのが荷造りと部屋の片付け。
ここでは、引っ越しまでに荷造りをするコツや片付けの進め方をご紹介します。
引っ越しまでにいらないものをきちんと処分しておけば、引っ越し費用を抑えることもできますよ。

荷造りのスケジュールを立てておく
引っ越しが決まり次第、荷造りを始めます。
荷造りは使わないものから梱包をし、どのダンボールが何なのかということが分かるようにしておきましょう。

ダンボールに番号や「衣類」「本」「食器」などと書いておくと分かりやすくなります。
また引っ越し直後に使うものと分かっているもの(充電器、洗面用具、歯ブラシ、トイレットペーパー、食器など)は、すぐに開封できるように印をつけてまとめておきましょう。
引っ越し前の自宅に最後少量のゴミがでることもありますので、袋を用意しておくのもポイントです。

引越し先の自宅を想像して荷造りする
部屋を片付け、荷造りをしていくときには新しい家のどこに何を置くか?ということを考えて梱包するのがオススメ。
例えば
・キッチン(料理器具やお皿)
・子供部屋(本やおもちゃ)
・寝室(リネン類)
などと間取りを考えながら荷造りをすると良さそうです。

ベランダや玄関、物置は早めに荷造り
荷造りをするとには普段使っている部屋よりも、あまり使わないところから荷造りをしていきます。
そんなときにベランダや玄関、物置の片付けをしてみると不用品がたくさん出てくることもあるので早めに片付けを始めていきましょう。
不用品や粗大ゴミが出てきたときには不用品回収業者に依頼し、早めに不用品を片付けていきます。

どうしても引っ越しまでに片付けが間に合わないときは?

引っ越しまでに部屋がどうしても片付けられないときはどうすれば良いのでしょうか。
結論として一番のオススメは、一緒に片付けをしてくれるような家事代行サービスがある「不用品回収業者」に依頼し、片付けを一緒に進めることです。

作業をする人数が増えれば片付けもはかどり、引っ越しまでに荷造りを間に合わせることもできるでしょう。

フォアールプラスでは、不用品回収だけでなく引っ越しの手伝いなどもさせて頂きます。
引っ越しだけに限らず、家事のお手伝いなどもあり
・掃除代行
・料理代行
・ゴミ出し
・台所清掃
・お風呂掃除
・洗濯
・トイレ清掃
・買い物代行
・出品代行
・窓ふき
・整理整頓
・留守番
・場所取り
・子供見守り
・草抜き
などもしています。

引っ越し前の片付けや不用品回収、引っ越し後の片付けや家事代行もフォアールプラスにお任せください。

賢く片付けをしてお得に引っ越しをしよう

引っ越し前の片付けや不用品の処分を賢く効率的に、そしてお得に進めるならば「不用品回収業者」に依頼するのがオススメ。

「不用品回収業者って何?」という片付けもいらっしゃるかもしれませんでので、ここでは不用品回収業者についてや引っ越し前の片付けに依頼するのにオススメな理由などについてご紹介させていただきます。

不用品回収業者とは?
そもそも不用品回収業者とは何なのでしょうか?
不用品回収業者は、一般家庭などで不必要となった品物(不用品、粗大ゴミなど)を回収する事業のこと。
しかし業者によっては粗大ゴミや不用品の回収だけでなく
  • ・汚部屋、ゴミ屋敷清掃や片付け
  • ・家事代行サービス
  • ・遺品整理
なども行っています。

賢く片付けをするには不用品回収業者がオススメ
引っ越し前の不用品の処分には不用品回収業者を利用するのがオススメ。
その理由としては
  • ・不用品をお得に処分することができる
  • ・不用品が一気に片付く
  • ・運搬などの作業は業者任せにできる
という3つの理由があるから。

1つ目の「不用品をお得に処分することができる」というのは、不用品回収業者は可能なものは買い取ってくれます。
全てのものをただ捨てるだけよりは絶対にお得に処分をすることができます。

2つ目の「不用品が一気に片付く」というのは不用品回収業者は回収ができる品目の種類が多いため、不用品が残ってしまうということがあまりありません。
リサイクルショップで全てのものが処分できなくて持ち帰ることなどを考えれば非常に時短で片付けができるでしょう。

3つ目の「運搬などの作業は業者任せにできる」というのは、不用品回収業者は運び出しや運搬などの作業を全て任せることができるということ。
粗大ゴミ回収施設に不用品を回収してもらう場合は人手や車を準備し、自分で搬入をしなくてはいけません。
そう考えれば不用品回収業者に依頼をする方がより効率的になるでしょう。

少しでも引っ越しの節約をし、効率的に片付けるためにも賢く不用品を処分していきましょう。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者はたくさんの会社があります。
ここでは、不用品回収業者を選ぶときに重視をすべき要点をまとめます。

・許可証があるか?
→不用品回収業者を選ぶときには「一般産業廃棄物収集運搬事業許可」があるかどうかを必ず確認しなくてはいけません。
不用品回収業者が一般産業廃棄物収集運搬事業許可を持ってない場合は、違法営業となりますので後々料金でトラブルになってしまう可能性もあります。

・料金は明確か?
→不用品回収業者に依頼をするときには、料金プランが明確かどうかを確認しておきましょう。
追加料金などで「思っていたより高くなってしまった」ということがないように追加料金についても確認をしておかなくてはいけません。

・所在地が明らかとなっているか?
→不用品回収業者がチラシ配りをしていることもありますが、ホームページやチラシに所在地が書かれているかを確認しましょう。
違法営業の場合は、所在地の記載がないことが多いので注意が必要です。

・ホームページに実績が掲載されているか?
→不用品回収業者に依頼をするときには、事前にホームページを確認しておきましょう。
実際に片付けや不用品回収を行った実績のある業者は、より任せることができる業者でしょう。

・スタッフの対応は良いか?
→電話や対面で見積もりを依頼した際に、スタッフの対応を見ておきましょう。
分からないことを聞いたときに丁寧な説明がない場合などは、オススメができません。

・口コミや評価が良いか?
→不用品回収業者を実際に依頼した人の口コミや評価を確認するのも1つの選び方です。
悪い口コミや評価の低い場合は、その理由も知っておくと良いでしょう。

不用品回収業者選びで悩んでいる方は、いっしょに片付けサービスへ!

いっしょに片付けサービスは香川県高松市と愛媛県松山市を拠点として四国全域に対応しています。
不用品回収だけでなく粗大ゴミの回収、遺品整理、ゴミ屋敷の片付け・清掃なども行っています。
他にも家事手伝いもしており、「困った」を解決するお手伝いを致します。
不用品処分で困っていることや部屋が片付けられないなどという場合は、是非ご相談ください。

まとめ

引っ越し前は市役所での手続きや引っ越し会社への依頼、荷造りや片付けなどでバタバタしてしまいますよね。

特に部屋にある家具や小物など、荷物にまとめる場合「どのように進めたら良いのか」と悩んでしまうこともあるでしょう。
そのようなときは、今回ご紹介したような荷造りの方法を参考にしてみてください。
また引っ越しの片付けで不用品が出た場合は、不用品回収業者に依頼をしてお得に賢く処分しましょう。

今回は、引っ越しに伴う片付けで得をする情報や賢く引っ越しをする情報についてご紹介させて頂きました。

「高松市で小型家電製品、リサイクル家電製品の処分、捨て方、買取を依頼するならどんなモノが対象なのか?」


「高松市で小型家電製品、リサイクル家電製品の
一度使い終わった物を、資源に戻して再利用をする「リサイクル」。
リサイクルと言われれば、ペットボトルやびん・缶などのイメージが強いですが他にも家庭から出る家電製品や
小型家電製品も家電リサイクル法や小型家電リサイクル法という法律で部品や材料をリサイクルしなくてはい
けない決まりがあります。
もし家電リサイクル法や小型家電リサイクル法で定まっているものをきちんとリサイクルしないままでいると、
違法業者によって不法投棄や不適正処理をされてしまい、火災に繋がったり環境汚染の原因にもなってしまうの
です。
そのようなことを避けるためにも不用品になった家電製品などは正しく処分をしなくてはいけません。
そこで今回は高松市で小型家電製品・リサイクル家電製品の処分や捨て方について、買取を依頼するならどんな
ものが対象なのか?ということをご紹介したいと思います。
■リサイクル家電製品とは?
○リサイクル家電製品とは?家電リサイクル法って?
家電リサイクル法は「特定家庭用機器再商品化法」と呼ばれており、これは家庭や事務所などから出た
・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
・エアコン
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機
などの廃棄物から再利用をすることができる部品や材料をリサイクルして焼却処分をする廃棄物を減らし、更に
資源の有効活用をするための法律です。
○リサイクル家電製品にはどのようなものがあるのか
家電リサイクル法では「家電 4 品目」と呼ばれる
・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
・エアコン
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機
が対象になっています。
処分料金については製造のメーカーによっても変わるのでメーカーに確認をしておきましょう。
■リサイクル家電製品の処分・捨て方は?
家電リサイクル法で決まっている家電製品はどのように処分をすれば良いのでしょうか?
ここでは、家電製品の捨て方をまとめます。
○買い替えるときに引き取ってもらう
引っ越しに伴って新居で家電製品を買い揃えることもありますよね。
そのようなときは新しい家電製品を購入した際に、古い家電製品を家電量販店で引き取ってもらえるかを確認しておくのがベスト。
購入と同時に古い家電製品を引き取ってもらえれば、処分をする手間を省くことができるでしょう。
ただし、家電製品の処分にはリサイクル料金と収集運搬料金を支払わなくてはいけませんのでメーカーに料金を
問い合わせておきましょう。
○購入をした電気屋さんに引き取ってもらう
いらなくなった家電製品は、以前に購入した店舗に持っていくことで引き取ってもらえる可能性が高いです。
販売店は、販売した家電製品の引き取りをする義務がありますので、過去に購入した店舗が分かる場合は依頼を
しておきましょう。
ただし、引き取り方法も異なる場合があるので事前に購入をした家電量販店に問い合わせておきましょう。
○リサイクルショップなどで売る
必要のなくなった家電製品は買い取り専門店で買い取ってもらえる可能性もあります。
もし買い取ってもらえれば、リサイクル料金などはかかりますがお金も浮いて処分できることがメリット。
ですが
・人気のメーカーではない
・購入後 3〜5 年程度経過している
・傷や汚れがある
・正常に動かない
などということがあれば買い取りが難しい可能性もありますので注意が必要。
買い取り専門店に持って行き、また持ち帰るということになってしまわないようにするためにも動作確認などは
しておくようにしましょう。
○指定取引場所に運搬する
家電製品は指定取引場所に運搬をし、処分をすることができます。
香川県高松市の周辺指定取引場所は以下の通りです。
・日本通運株式会社四国支店高松物流事業所
所在地:高松市香西東町 488
営業時間:月曜日〜土曜日(祝日除く)9:00〜17:00(12:00〜13:00 を除く)他、半日営業日有り
電話番号:087-832-9020
・HIRAYAMA
所在地:観音寺市南町 3-3-2
営業時間:月曜日〜土曜日(祝日、他休業日を除く)9:00〜17:00(12:00〜13:00 を除く)
電話番号:0875-25-4272
○不用品回収業者に回収してもらう
家電製品は不用品回収業者に依頼をすると運搬から全ての作業を依頼することができます。
家電製品の処分は業者によって値段が異なりますので、確認しておくと良いでしょう。
不用品回収業者に依頼すると即日対応が可能なことも多く、今すぐ処分したいという方にはオススメです。

○フリマアプリやオークションで販売する
家電製品はフリマアプリやオークションで販売して処分をすることもできます。
家電製品はヤフオクやメルカリで出品されているのも多く見かけますし、有名アプリなのでトラブルも少なく比
較的安心して処分することができます。
もし出品をする際には、発送方法や梱包について調べておきましょう。
ただし買い手が見つからなければいつまで経っても家電製品を処分することができませんので、引っ越し前の処
分方法としてはオススメできません。
○知人や友人に譲る
家電製品は買ってからまだ期間の経っていないものでも、引っ越し先が家具付きだったりすると処分を検討する
こともあるでしょう。
そのようなときは処分をしてしまう前に知人や友人が使うかどうか、ひと声かけてみても良いでしょう。
エアコンやテレビなどの家電製品は上記のような処分方法があります。
リサイクル料金は郵便局で支払い、家電リサイクル券をもらうことができます。
処分後も念の為、控えを捨ててしまわずに置いておくようにしましょう。
■リサイクル家電製品は何になる?
家電製品の廃棄する量を減らし、循環資源として再利用をすることができれば温室効果ガスの削減にも繋がりま
す。
このように「作って使ったものは、戻して生かす」という循環が大切です。
家電製品はリサイクル工場に運ばれて分解、破砕をされます。
そして、
・鉄
・銅
・アルミ
・プラスチック
・ガラス
などの原料へと生まれ変わります。
そして、鉄や銅を作る工場に売られ、製品として再び生まれ変わることができるのです。
■リサイクル家電製品買取依頼の対象製品は?
家電製品は重量も重いので一人では運搬ができないということもありますよね。
また、引っ越し前で忙しくて処分ができないということもあるでしょう。
そのようなときにオススメなのが不用品回収業者。
不用品回収業者では、大型家電製品や粗大ゴミも処分可能となっている業者が多くあります。

また不用品回収業者によっては、不用品の状態で買い取りができる場合もあります。
香川県高松市などを中心に四国全域をカバーするフォアールプラスでは、家電製品の回収も行っております。
家電リサイクル法で定められる
・テレビ
・冷蔵庫
・洗濯機
・エアコン
などの処分が可能なので是非ご検討ください。
また他にも
・炊飯器
・電子レンジ
・オーブンレンジ
・トースター
・ポット(電気ポット)
・給湯器
・掃除機(家庭用)
・加湿器
・空気清浄機
・衣類乾燥機
・布団乾燥機
・家庭用食器洗浄機
・家庭用食器乾燥機
・ホットカーペット
・扇風機
・サーキュレーター
・冷風機
・こたつ
・オイルヒーター
・ストーブ(電気、ガス、石油)
・マッサージチェア
・体重計(ヘルスメーター)
・ミシン(卓上ミシン)
・アイロン
・ドライヤー
・電話
・ファックス
などの生活家電製品(小型家電リサイクル法対象品目)も回収しております。
■小型家電製品とは?
資源を有効活用し、環境汚染を防止するための家電リサイクル法についてご紹介しましたが「小型家電リサイク
ル法」という法律もあります。
以前までは家電リサイクル法だけが施行されていましたが、より細かな家電まで対象になりました。
1 年間に小型家電製品の使用済みのものは約 65 万トンもあります。
全てを廃棄としてしまうのでなく、そこから数十万トンの金属を有効活用します。
このようにたくさんの小型家電製品もリサイクルができるようになることで
・鉄
・アルミ
・銅
・貴金属
・レアメタル
などの有効な金属を再利用することができるようになるのです。
○小型家電製品とは?小型家電リサイク法って?
小型家電リサイクル法は平成 24 年 8 月に定まり、翌年の 4 月 1 日から施行されました。
この小型家電リサイクル法は携帯電話やデジタルカメラ、時計や炊飯器、電子レンジ、扇風機、時計、ゲーム機
などこれまで対象ではなかった家電製品のほぼ全てがリサイクルをするように義務付けられました。
小型家電リサイクル法は、市町村及び、認定事業者が使用済みの小型家電製品の回収を行うことになっており地
域によって回収方法が決まっています。
○小型家電製品にはどのようなものがあるのか
小型家電リサイクル法の対象になる小型家電製品はどのようなものがあるのでしょうか。
身の回りにある電気や電池で動いている製品をまとめます。
・パソコン
・ディスプレイ
・スマートフォン、アイフォン、PHS、AC アダプターなど
・ハードディスク
・電話機、ファックスなど
・ラジオ
・デジタルカメラ、フィルムカメラ、ビデオカメラ、DVD、レコーダーなど
・映像用機器(HDD レコーダーなど)
・デジタルオーディオプレーヤー、ステレオセット
・ゲーム機(据え置き型、携帯型)
・ミニ電子ゲーム
・デジタル時計
・炊飯器
・電子レンジ
・アイロン
・掃除機
・ヘアドライヤー
・電気カミソリ
・電動歯ブラシ
・電動バリカン
・扇風機
・ハードディスク、USB メモリなど
・プリンター
・電子書籍端末
・電動ミシン
・電動ドリル
・電卓
・体重計(ヘルスメーター)
・電子血圧計
・電動式呼吸器など
・除湿機
・こたつ
・電気ストーブ
・マッサージ機
・ランニングマシンなど
・電気芝刈り機など
・照明器具(蛍光灯、電球は対象外)
・キーボード、エレキギターなど
・ヘッドホン、イヤホン
・電子付属品(コード、充電器、リモコン)
・配線ケーブル
・カーナビ、ETC 車載ユニット、VICS ユニット(カー用品)
・ワープロ、ファクシミリ
・IC レコーダー
一部の製品でありますが以上のようなものがあげられます。
小型家電製品を処分するときには
・個人情報は消去する
・電池やバッテリーは外す
・袋や入れ物から出す
・分解はしない
などというルールを守りましょう。
自治体によっては若干ルールが異なることもあるので、住んでいる地域のルールに従ってリサイクルを行いまし
ょう。
■小型家電製品の処分・捨て方は?
小型家電製品には鉄や銅、アルミ、銀、銅、レアメタルなど有用金属が多く含まれていますか、鉛などの有害な物質もあるので住んでいる地域の回収品目や捨て方のルールを守って適正な処分を行わなくてはいけません。
小型家電製品の捨てる方法としては
・公共施設や家電量販店などの回収ボックスに回収してもらう
・区役所や市役所で開館時間の間に回収してもらう
・ゴミ回収場所で資源回収として回収してもらう
などがあげられます。
家電量販店だけでなく、ホームセンターなどでも営業中であれば回収ボックスが設置されていることが多くあり
ます。
自治体によっては情報が異なることもありますので、確認をしてから処分をするようにしましょう。
■小型家電製品は何になる?
小型家電製品がリサイクルされると、以下のようなメリットがあります。
・金や銅などの金属が回収され、再利用できる
・有害物質(鉛、カドミウム)を含む小型家電製品の適正処理ができる
・廃棄物が減り、ゴミの埋立地の延命化に繋がる
・大気汚染を予防することができる
などということがあげられます。
小型家電製品にはたくさんの資源を含んでおり原料として再利用できるまで、分解・破砕されて「新たな金属製
品」へと生まれ変わっていくのです。
■香川県高松市の小型家電製品の回収品目は?回収方法は?
香川県高松市では小型家電製品はどのようなものが回収されているのでしょうか。
ここでは、香川県高松市の小型家電製品の回収品目や回収方法についてまとめます。
○香川県高松市の小型家電製品の回収品目は?
香川県高松市の回収できる品目は以下の 21 品目です。
・デジタルカメラ
・ビデオカメラ
・携帯型ゲーム機
・据え置き型ゲーム機
・電話機
・ポータブルラジオ
・ポータブル DVD ビデオ
・MD プレーヤー
・デジタルオーディオプレーヤー(フラッシュメモリ)
・デジタルオーディオプレーヤー(HDD)
・CD プレーヤー
・テープレコーダー(デッキを除く)
・IC レコーダー
・電子辞書
・電卓
・カーナビゲーションシステム
・VICS ユニット
・ETC 車載ユニット
・携帯型(情報通信端末含む)
・公衆用 PHS 端末
・電子機器付属品(リモコン、AC アダプター、ケーブル、充電器等)
回収ボックス(40cm×20cm)に入るものに限定されるので注意しましょう。
○香川県高松市で小型家電製品を処分する際の注意点
香川県高松市で小型家電製品を処分する際の注意点は以下の通りです。
・一度回収した小型家電製品は返却することができません。
・個人情報は事前に削除してください。
・小型家電製品以外の異物などは回収ボックスに入れないでください。
・回収ボックスの投入は開館日の開館時間に限ります。
・CD や DVD などのディスク類は対象外です。
・取り外しができる電池は取り外しをしてください。
■香川県高松市にある小型家電製品の回収ボックス設置場所について
香川県高松市にある小型家電製品の回収ボックス設置場所をまとめます。
○高松市役所
郵便番号:760-8571
住所:香川県高松市番町 1 丁目 8-15
電話番号:087-839-2011
○牟礼総合センター
郵便番号:761-0188
住所:香川県高松市牟礼町牟礼 302-1
電話番号:087-845-2111
○香川総合センター
郵便番号:761-1795
住所:香川県高松市香川町川東上 1865-13
電話番号:087-879-3211
○勝賀総合センター
郵便番号:761-8014
住所:香川県高松市香西南町 476-1
電話番号:087-882-7770
○国分寺総合センター
郵便番号:769-0192
住所:香川県高松市国分寺新居 1298
電話番号:087-874-1111
○山田支所
郵便番号:761-0442
住所:香川県高松市川島本町 191-2
電話番号:087-848-0165
○庵治支所
郵便番号:761-0187
住所:香川県高松市庵治町 6393-5
電話番号:087-871-3111
○塩江支所
郵便番号:761-1592
住所:香川県高松市塩江町安原下第 2 号 1645
電話番号:087-897-0131
○香南支所
郵便番号:761-1493
住所:香川県高松市香南町由佐 1172
電話番号:087-879-3111
○鶴尾コミュニティーセンター
郵便番号:761-8057
住所:香川県高松市田村町 303-1
電話番号:087-866-3176
○太田コミュニティーセンター
郵便番号:761-8071
住所:香川県高松市伏石 2016-37
電話番号:087-867-1139
○木太南コミュニティーセンター
郵便番号:760-0080
住所:香川県高松市木太町 1486
電話番号:087-865-4273
○古高松コミュニティーセンター
郵便番号:761-0104
住所:香川県高松市高松町 10-20
電話番号:087-841-6262
○林コミュニティーセンター
郵便番号:761-0301
住所:香川県高松市林町 329-1
電話番号:087-866-3405
○仏生山コミュニティーセンター
郵便番号:761-8079
住所:香川県高松市仏生山町乙 45-4
電話番号:087-889-4955
○多肥コミュニティーセンター
郵便番号:761-8076
住所:香川県高松市多肥上町 433-5
電話番号:087-889-4956
○一宮コミュニティーセンター
郵便番号:761-8084
住所:香川県高松市一宮町 838-1
電話番号:087-886-4793
○円座コミュニティーセンター
郵便番号:761-8044
住所:香川県高松市円座町 1622-1
電話番号:087-886-4993
○弦打コミュニティーセンター
郵便番号:761-8032
住所:香川県高松市鶴市町 356-3
電話番号:087-882-0285
○環境業務センター
郵便番号:760-0080
住所:香川県高松市木太町 2282-1
電話番号:087-834-0389
○ゆめタウン高松
郵便番号:761-8072
住所:香川県高松市三条町 608-1
電話番号:087-869-7500
○ヤマダ電機 家電住まいる館(YAMADA 高松春日本店)
郵便番号:761-0101
住所:香川県高松市春日町 218-1
電話番号:087-818-0101
○屋島レクザムフイールド(高松市屋島競技場)
郵便番号:760-0112
住所:香川県高松市屋島中町 374-1
電話番号:087-802-7350
■小型家電製品買取依頼の対象製品は?
前述でご紹介したような小型家電製品も不用品回収業者によっては買い取りをすることも可能です。
しかし、古くなったものや状態のよくないものは買い取りができないので注意が必要。
無料の見積もりがある不用品回収業者に依頼し、相談をしてみると良いでしょう。
またフォアールプラスも、前述にあるような小型家電製品を回収しております。
他にも以下のような電子機器や音楽用品も回収可能品目です。
・携帯電話端末
・デジタルカメラ
・ゲーム機
・DVD デッキ
・ビデオデッキ
・ステレオセット
・スピーカーセット
・ミニコンポ
・CD ラジカセ
・MD ラジカセ
など、家具や粗大ゴミ、家電製品だけでなく様々なジャンルの不用品を回収していますので是非ご検討ください。
■まとめ
エアコンや冷蔵庫、テレビ、洗濯機などの家電リサイクル法だけでなく、より細かな小型家電製品にも小型家電
リサイクル法という法律があります。
不用品の一部を正しい方法で再利用できるようにするための「リサイクル」は自分の生活だけでなく、地球にと
っても良い行いなのです。
地域のルールに従って、正しい処分の仕方をしてみてください。
今回は高松市で小型家電製品、リサイクル家電製品の捨て方や対象品目、などについてご紹介させていただきま
した。

「香川県、坂出市、善通寺市、多度津町、宇多津町、琴平町、で粗大ゴミの捨て方の違いや賢い捨て方、業者に頼むなら業者選びのコツ」





粗大ごみの処分は費用もかかりますし、大きさや重さも考えると簡単に出来る事ではありませんよね…。




「自分で運ぶ手間や労力を考えると面倒くさいな。」「どんな業者に依頼するべき?」など悩んでしまうこともあるでしょう。




そこで今回は香川県の中でも
・坂出市
・善通寺市
・多度津町
・宇多津町
・琴平町
以上の香川県の5エリアに絞って




それぞれの粗大ごみの区分の違いや捨て方についてご紹介させて頂きます。




業者に依頼するときの選び方のコツもご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね!




■そもそも粗大ごみとは?
皆さんは自分の住んでいる地域のゴミ出し方法を知っていますか?




一口に「ゴミ」と言っても、ゴミには可燃ゴミや不燃ゴミ、プラスチックゴミやリサイクルゴミなど様々な分類方法があります。
その中に「粗大ゴミ」がありますが、滅多と出る事もないのであまり知らない方も多いかもしれません。




そもそも粗大ゴミとは家から排出される家具やソファー、布団、ベッド、自転車などの大きなものや燃やす前に砕かないといけないような家電製品を指します。




しかし、粗大ゴミの定義は自治体によって異なるため「一般的な家庭ゴミより大きなもの」「何らかの理由があり大量に出るゴミ」が粗大ゴミに分類されると大まかに考えておくと良いでしょう。




■粗大ごみの捨て方の違いとは?
自治体によって定義の異なる粗大ゴミですが、香川県の
・坂出市
・善通寺市
・多度津町
・宇多津町
・琴平町
以上の5エリアでは、どのように捨て方に違いがあるのでしょうか?
それぞれのエリアでまとめてみたいと思います。




○坂出市
【坂出市の粗大ゴミとは?】
坂出市では、坂出市指定収集袋(大)1枚に入らないもので、市が収集できないものを除くゴミが対象です。
不明なことがある場合は、生活課へ問い合せをしましょう。




【坂出市で捨てることができないゴミ】
・家電リサイクル法対象品(テレビ、エアコン、パソコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)
・タイヤ、オートバイ、建築廃材、ピアノ、仏壇、農機具、魚網、注射器、ペンキ、ガスボンベ、消化器、バッテリー、劇毒物等容器




【坂出市で粗大ゴミを捨てる方法】
坂出市で粗大ゴミを捨てる方法は
・戸別回収(行政指定業者が自宅や指定をした場所まで粗大ゴミを回収に来る方法)
・持ち込み処分(自治体収集センターへ直接持ち込む方法)
の2種類があります。




○善通寺市
【善通寺市の粗大ゴミとは?】
善通寺市では、善通寺市の市指定袋(可燃ゴミ、不燃ゴミ)入らず、資源にならないベッドや机、布団、タンスなどの製作品のゴミです。
不明なことがある場合は、生活課へ問い合せをしましょう。




【善通寺市で捨てることができないゴミ】
・ピアノ、タイヤ、ホイール、消化器、ガスボンベ、オイル、農機具、仏壇、ガレージ、風呂釜、物置、ふめいなえきたい、有害物質、シンナー、劇薬、農薬、ペンキ、農業用機械、耐火金庫、オートバイ(90ccを超えるもの)、カーポート、ガレージ、太陽熱温水器、医療廃棄物、燃料、廃油、農業資材、重量物、処理困難物、除湿器
・廃火薬類
・著しい汚れや異臭のするもの(タイル、コンクリート、大量の土や砂、岩石)
・収集処理に支障のあるもの




【善通寺市で粗大ゴミを捨てる方法】
善通寺市で粗大ゴミを捨てる方法は
・戸別回収(行政指定業者が自宅や指定をした場所まで粗大ゴミを回収に来る方法)
・持ち込み処分(自治体収集センターへ直接持ち込む方法)
の2種類があります。




○多度津町
【多度津町の粗大ゴミとは?】
多度津町では、壊すことができない家具などが対象です。
解体や分解をしても、元の大きさが粗大ゴミとなる場合には粗大ゴミとして処理が必要となります。
不明なことがある場合は、生活課へ問い合せをしましょう。




【多度津町で捨てることができないゴミ】
・リサイクル家電製品(テレビ、パソコン、パソコン、洗濯機、冷凍庫、冷蔵庫、衣類乾燥機)
・有害性や危険性のあるもの
・著しく悪臭を発するもの
・ピアノなどの重量があるもの




【多度津町で粗大ゴミを捨てる方法】
多度津町で粗大ゴミを捨てる方法は
・戸別回収(行政指定業者が自宅や指定をした場所まで粗大ゴミを回収に来る方法)
・持ち込み処分(自治体収集センターへ直接持ち込む方法)
の2種類があります。




○宇多津町
【宇多津町の粗大ゴミとは?】
宇多津町では、タンスやマットレスなどの大型のゴミが対象です。
解体や分解をしても、元の大きさが粗大ゴミとなる場合には粗大ゴミとして処理が必要となります。
不明なことがある場合は、生活課へ問い合せをしましょう。




【宇多津町で捨てることができないゴミ】
・パソコンやモニター
・有害性や危険性のあるもの
・著しく悪臭を発するもの
・ピアノなどの重量があるもの




【宇多津町で粗大ゴミを捨てる方法】
宇多津町で粗大ゴミを捨てる方法は
・戸別回収(行政指定業者が自宅や指定をした場所まで粗大ゴミを回収に来る方法)
の方法があります。




○琴平町
【琴平町の粗大ゴミとは?】
琴平町では、壊すことができない家具などが対象です。
解体や分解をしても、元の大きさが粗大ゴミとなる場合には粗大ゴミとして処理が必要となります。
不明なことがある場合は、生活課へ問い合せをしましょう。




【琴平町で捨てることができないゴミ】
・リサイクル家電製品(テレビ、エアコン、パソコン、洗濯機、衣類乾燥機、冷蔵庫、冷凍庫)
・有害性や危険性のあるもの
・著しく悪臭を発するもの
・ピアノなどの重量があるもの




【琴平町で粗大ゴミを捨てる方法】
琴平町で粗大ゴミを捨てる方法は
・戸別回収(行政指定業者が自宅や指定をした場所まで粗大ゴミを回収に来る方法)
の方法があります。




■粗大ゴミの賢い捨て方は?
粗大ゴミはどうやって捨てるべきか悩みますよね。




一般的に、粗大ゴミの捨て方としては
・ゴミ処理施設へ持ち込む
・自治体収集センターへ収集依頼をする
・不用品回収業者へ依頼をする
という3種類の方法があります。




まずは上記の3種類の粗大ゴミの捨て方のおおまかな流れ、メリット・デメリットをまとめます。




○ゴミ処理施設へ持ち込む
こちらは、自分で粗大ゴミを指定のゴミ処理施設へ持ち込む捨て方になります。
大きなゴミを捨てる為のトラックや運搬用の車が用意をできる人で、積み込みができる場合はこちらの方法を選択しても良いでしょう。




処分方法としては、事前に予約をしておいたゴミ処理施設へ粗大ゴミを持ち込み、料金を支払います。




【メリット】
・自分の予約をした時間に捨てることができる
・費用を安く抑えることができる




【デメリット】
・粗大ゴミを運ぶ運搬車両が必要になる
・粗大ゴミの積み込みをする人手が必要となる
・自治体により注意事項が異なる




○自治体収集センターへ収集依頼をする
こちらは、自治体に指定をされた場所まで粗大ゴミを運搬し、回収をしてもらいます。




処分方法としては、粗大ゴミを収集する自治体に問い合わせをし予約をします。
そして、指定日に粗大ゴミを運搬し回収してもらうという流れになります。




【メリット】
・追加料金がかかることはあまりなく、料金システムが理解しやすい
・予約さえすれば、連絡のやり取りは不必要




【デメリット】
・ゴミ処理施設へ自分で運搬するよりは費用がかかる
・指定日に決まった場所まで粗大ゴミを自分で運搬しないといけない
・申し込みをしても、予約状況によっては時間がかかる
・粗大ゴミの大きさによって回収ができないことがある




○不用品回収業者へ依頼をする
こちらは、とにかく自分で手間や労力をかけたくない人にオススメな粗大ゴミの処分方法です。
業者へ依頼する場合は、電話一本で粗大ゴミを運搬から処理まで全ての作業を業者に任せることができるので手軽さとスピーディはダントツです。




処分方法としては、不用品回収業者に問い合わせをします。
そして見積もり料金を提示してもらい、回収日時や時間を決め、引き取ってもらうという流れになります。




【メリット】
・予約さえすれば、運搬や処分など全てを任せることができる
・自分の予約をした時間に捨てることができる




【デメリット】
・業者によっては一部の回収が不可能な場合がある
・違法行為をしている悪徳業者もいる
・業者によっては金額が異なる




以上のように3種類の粗大ゴミの処分方法があります。




費用を一番に考える場合はゴミ処理施設へ自分で持ち込みをすることが良いですが、運搬をする車や人手が必要になってくることがデメリットです。




不用品回収業者に依頼をする方法であれば
・手間がかからない
・スケジュールに自由度がある
・粗大ゴミが片付かない方にも簡単に処理できる
というメリットがあります。




また業者によっては一部を買い取りし、支払う費用を抑えることができる場合もありますので、スピーディで手軽に処分を行える「不用品回収業者へ依頼をする」という方法が一番賢い捨て方だと言えるでしょう。




■粗大ゴミを業者に頼むときの業者選びのコツは?
粗大ゴミを捨てるとき「失敗したくない」と思うのは当然です。




失敗例を見てみると
・見積もり時よりも高額請求をされた
・粗大ゴミに対象外のものがあり片付かなかった
・希望をする日時に回収に来てもらえなかった
・無料回収と聞いていたのに高額請求をしてくる
など悪徳業者を選んでしまった場合は、上記のようなトラブルが起こってしまうこともあります。




では不用品回収業者をどのように選べば違法業者ではないのか、あとから高額請求をしてくるような悪徳業者に遭遇してしまわないようには、どんな業者選びをすれば良いのでしょうか?




粗大ゴミを捨てたいときの優良な業者選びのコツをご紹介したいと思います。




○粗大ゴミ処分の許可があるかどうか
粗大ゴミを回収する業者で自治体での許可をもらっていない業者は悪徳業者です。
家庭の粗大ゴミを回収するには、市区町村の「一般廃棄物処理業許可」や委託が必要となります。
もし許可をもらっていない悪徳業者に依頼してしまったとすると、粗大ゴミを回収してもらっても不法投棄をしてしまう可能性もあります。
ですので、まず粗大ゴミを業者に回収してもらう場合は自治体に許可をもらっている優良粗大ゴミ回収業者であるかを確認しましょう。




○料金システムが明確かどうか
悪徳業者の場合、事前見積もりの後に多額の追加作業料金を提示して高額請求をしてくることがあります。
そのような業者を利用してトラブルに遭わないようにする為には、作業料金システムが明確でやり取りの中できちんと料金を確認をすることができる業者を選ぶことがオススメ。
悪徳業者でなくても、料金変動のある業者も存在しますので「追加料金なし」などと明記しているところを選択するのもコツでしょう。




○業者の所在地が明確かどうか
不用品回収などは巡回をしている業者が、チラシ投函をしたことをきっかけに依頼することもあると思います。
しかし悪徳業者の場合は所在地を明らかにしておらず、後からトラブルになってしまいがち。
そんな業者を選んでしまわないようにするためには
・公式ホームページがあるかどうか
・ビフォーアフターの写真掲載やブログの有無
・所在地がはっきりとしているか
・スタッフ情報はあるか
などを参考にしながら、選ぶようにしましょう。




○口コミの評価は高いかどうか
実際に粗大ゴミの回収を利用した人が、ネット上に口コミ投稿をしていることもあります。
口コミの評価はユーザー視線で、実際どうだったかということを知る情報になりますので参考にすると良さそうです。




粗大ゴミを不用品回収業者に依頼する場合、悪徳業者も存在しますので失敗例を踏まえると上記のような業者選びをすることがオススメです。




■まとめ
粗大ゴミは家具やベッド、ソファーや布団、自転車などの大きなものや燃やす前に砕かないといけない家電製品などを指します。
しかし、粗大ゴミと言っても自治体によって捨てる方法も異なるために「処分ができなかった」「費用が思っていたよりかかってしまった」なんて経験をする方もいらっしゃると思います。




自治体のゴミの捨て方を理解できていないと問い合わせ先で迷ったり、あちこち問い合わせたりとそれだけでも労力がかかってしまうこともあります。




ゴミの処理が面倒になってくるとリサイクルも考えずに全てを粗大ゴミとして捨ててしまいがちですが、実際には様々な処分方法があります。




煩わしいことが面倒な場合は、不用品回収業者を検討するのがオススメ。
まとめて依頼をするお手間や時間も省くことができ、買い取りをしてもらうことで費用を抑えることもできます。




不用品回収や片付け、掃除などでお困りのことがあれば、香川県を含む四国全域で、無料の出張見積もりにお伺いも可能で買取と処分でお得な「いっしょに片付けサービス」がオススメ。
迅速丁寧、真心を込めてに「困った」を解決させて頂きます。




今回は香川県の
・坂出市
・善通寺市
・多度津町
・宇多津町
・琴平町
以上の5エリアの粗大ゴミの捨て方の違いや、賢い捨て方、業者に依頼するときのコツなどについてご紹介させていただきました。

高松 引っ越し後の不用品回収


一緒に片付けサービスです。
本日は引っ越し後の不用品回収をさせていただきました。
回収物は、冷蔵庫、洗濯機、テレビ台、ベッド、布団、後はいろいろですね!(笑)
御依頼を頂きま、1度見積りにお伺いさせていただきました。
見積り後お客様と日時を決めました
回収日当日、お客様に到着30分前のご連絡をして、お家に向かい
到着後、お客様に回収物を見積りの時と変わってないか変わっているのかを確認させていただきます。
今回は、見積りの時より回収物が増えていましたが、引っ越しの準備をしている時に増えるかなと思い少し大きめのトラックでお伺いしていたので、余裕を持って積むことができました。




回収終了後、お客様と一緒に確認し、料金御支払して頂き、完全に作業が完了になります。




お客様にも喜んでもらえて良かったです。




今年も後1ヶ月になりました。
大掃除の時期です!不用品があれば、見積りだけでも大丈夫です。
御依頼お待ちしております。

高松 草刈り


一緒に片付けサービスです。
本日は高松で草刈りをさせていただきました。
今回のお客様は去年も御依頼して頂きました。
本当にありがたいです。
お客様は今大阪にお住まいとの事で、この時期なので心配していました。
ですが見積り、作業までを写真や電話などでさせていただきました。




作業完了までの流れですが
御依頼があって次の日に作業担当が現地にて見積りに向かい。
現地の写真をお客様にお送りして、その場でお客様にご連絡。
お客様にお送りした写真を見ていただきながら、料金を提示をし、お客様に納得していただいた後、作業の日程を決めさせていただきました。




今回のお客様は遠方のお客様ですので、料金はお振込でさせていただきました。
振込み確認後、お客様に作業開始連絡をして、作業開始
作業終了後は、終了の連絡をして、完了後の写真をお送りし、お客様に確認して頂き、すべての作業が終了になります。




本日のお客様には大変喜んで頂きました。
こちらこそ本当に有り難うございました。




高松に実家などがあるが、コロナが心配で帰れないなどでお困りのお客様
見積りだけでもかまいません。
御依頼お待ちしております。

高松不用品回収


本日は高松で不用品回収をさせていただきました。




本日回収した物は冷蔵庫でした。




単品回収でも大丈夫です。




ご依頼お待ちしております

高松 蜂駆除


本日は高松でスズメバチの駆除をさせていただきました。




巣の大きさは25センチぐらいでそんなに大きくはありませんでした。




スズメバチ駆除もできますので、ご依頼お待ちしております。




高松 不用品回収


本日は高松で不用品回収をさせていただきました。




回収物は、冷蔵庫、洗濯機、布団、ソファなどでした




ご依頼お待ちしております。

不用品回収


本日は高松で不用品回収をさせていただきました




回収物は家具でした。





高松 不用品回収


本日は高松で不用品回収をさせて頂きました




本日回収した物はソファー、テレビ台、健康器具などを回収させて頂きました








電話をかける(無料)
0120-144-246 / 24時間365日受付中!!
メールで相談